糊こぼし椿

2009-02-22

 なら2 なら1
くるみの木へランチに行く。
相変わらずの大賑わい。
ランチにありつくまで1時間以上は待たされたけど、ちっとも苦じゃないのは素敵な庭木が眺められるから。
暖炉の前にある、細い葉っぱが素敵な木はいまだに名前がわからないけどね。

そしてこの季節あちこちで椿をみかける。
お水取りの候は椿の造花をかざるらしい。
この時期だけ糊こぼしという椿の花を模したお菓子も食べるそう。
京都ではあまり見ない派手な色あいの練りきり。

喫茶探偵

2009-02-21

喫茶探偵1 喫茶探偵2
入社式を控えて、半年振りに美容室へ行く。
近くにある喫茶店へ。
週末はBARのこのお店。
ちょっと前にあがた森魚のライブがあったんやて。
喫茶タイムはご近所のおじさん、おばさんが常連のよう。
いや、もしかして変装した探偵?


百万遍の手作り市

2009-02-15

手作り市1 手作り市2
暖かな一日。
朝早くから手作り市にでかけたのだけれど、人多すぎやん。

モノは増やさない用にと思ってはいるのだけれど、ついつい買ってしまったのは、
権現川工房のお兄さんの作った味のあるうつわ。
&クルミもね。

都会の静寂

2009-02-14

MAYA MAXX
 
MAYA MAXX展『十牛図に挑む』見に行く。
なんつうか、岡本太郎ばりのパワーと、子供のような純真さが感じられる絵ですっと同化できた。
会場の何必館も喧騒な祇園の真ん中にあるのに、5階には光が降り注ぐ坪庭があってソファーに座って図録なんかも鑑賞でき居心地がいい。
ELEPHANT FACTORY COFFEE
こちらも居心地のよいELEPHANT FACTORY COFFEE。
繁華街にあるのに一すじ入っただけでタイムスリップしたような静けさ。すこーしだけ落とした店内の照明、コーヒー1杯でついつい長居したくなる。

早春賦

2009-02-11

虹の湖.jpg
周山街道を抜けて美山から和知へと京都の北におでかけ。
山は薄茶色のグラデーション、道の端には雪がとけずに残っていたりもする。
桜のころには賑わう大野ダムのエメラルドグリーンの湖もひとりじめ。

道の駅で買ったふきのとうの味噌と梅の枝ひとつが浅い春を感じさせてくれた。

大山崎山荘

2009-02-08

大山崎山荘.jpg 大山崎山荘2.jpg
ここんとこ気になってたミモザの苗木を求めて、長岡京のロビンガーデンに。春支度で花も人も賑わっていた。
そのついでに大山崎山荘まで足をのばすことにした。
ここもいつもより人が多め。
こないだまで『大山崎山荘通信』にイラストを描いてた現代アートの山口晃「さて、大山崎」展開催中。
浮世絵や大和絵をモチーフにしながら、よく見るとロボット馬だったり、洛中洛外図には現代人がいたりとユニーク。
おまけはモネの睡蓮見立ての『垂憐』は「モネ晩年の睡蓮に憐れを垂れる」と。
そのまえに下げられたすだれ。
ネームプレートには『垂簾』…おあとがよろしいようで。

春の予感

2009-02-07

ミモザの花のアレンジ
Suukaさんとこでのアレンジメント。
コロンと房についたミモザやラナンキュラスの黄色い花。
いつかみた奈良のカフェ『くるみの木』のミモザを思いだした。
春も立って少しずつ暖かくなっていくはず。あちこちお出かけしたくなった。

北白川天満宮

2009-02-04

今日は病院にいく日。
パンデミックやら新型インフルエンザなんていっている時にいくのはやだな。
マスクだらけ。待合の隣のベンチの人は横になってしんどそうやし。

診察終わってお薬をどっさりもらったその後は、お天気もいいのでぶらぶら。
偶然見つけた北白川天満宮という神社は少彦名命という薬の神様を祀っているらしい。やっぱ健康が一番だいじとお参り。
それにしてもこの神社、山の上のうっそうとしたとこにあるからか、京都の社なのに周りにはひとっこ一人居ないのが少しコワカッタ。

節分

2009-02-03

節分になると思い出すのは幼稚園の頃。
ひんやりとしたお寺の本堂で、ちびっ子たちが輪になって園長先生が撒く殻つきの落花生やお菓子を小鬼よろしくキャッキャと拾いあうというもの。持参した分の倍ほどのお菓子を持ち帰るおりこうな子やった。


今宵、節分を堪能したのはワンコ。
夕食はカニカマで作った簡単恵方巻きだったのだけど、テーブルの上の1本まるまる盗み食いし、『福はーうちー』で床に撒かれた豆をかたっぱしからぽりぽりとお片づけ。






如月

2009-02-01

2月1日.jpg
更新をサボっていたらばいつの間にやら2月になっちゃってた。

今日は遅い新年会。
旧暦ならば、ままありかな。
スローライフな今年のスタート。

12月と1月の出来事は備忘録なので、そのうちこそっと書き加えるつもり。




---------------------------------------