【映画】北辰斜めにさすところ

2008-01-31

伝えたい志がある。残したい想いがある」
たまたま映画の更新に行って無料で観た映画が今年初の映画となった。でもこの映画タイトルは女性うけはしないだろうな。ひよってなくていいとも言えるけど。旧制高校に思い入れがあるのか、劇場内は超満員それもお年寄りばっかりだった。
最初から泣けとばかりの映画は本当は苦手だけれど三國連太郎だからいいんだ。三國連太郎の映画を観たのは『大河の一滴』以来だけど存在感のある演技に引き込まれてしまう。あの映画も図らずも神山征二郎監督作品だった。
緒方直人が旧制高校生役なのも童顔だから許そう。
『天才的なバカになれ』の言葉とおりに恋にも勉学にも一生懸命なばんからな学生、戦争に翻弄された若者たちが過ごしたそんな時代。ぬるーく、ゆるーく生きている今は本当にしあわせなのかなと考えさせられてしまう静かな反戦映画。観終わってやっぱり涙と鼻水ぐちゅぐちゅに泣かされていた。

トールペイント

2008-01-29

トールペイント
初げいこ。小さなゴミ箱?なんでも使えそう。ワタシはコットンケースにしようと思う。出来上がりの作品比べはおもしろい。みんなで同じ先生、同じ見本を見ながら作ってもすこーしずつ違う。なぜなんだろね。
でも自分の作品はへたでも愛着が沸き、好き。

赤いちゃんちゃんこ

2008-01-28

還暦祝
大阪の某ホテルでの還暦パーティにおよばれ。
むかしでいったら赤いちゃんちゃんこに赤い頭巾姿で好々爺ってイメージだったけれど、世の中どこを見渡しても年配の方のほうが元気な気がする。色んなしがらみから抜け出せて自分のことを一番に考えられる。そんな時が来るのが還暦なのかも。
かの高田純次氏も還暦だそうで…。あんな60歳も楽しいかも。
目の前にいる人たち程に功を成てなくてもいいけれど、何か積み上げてきたなぁと実感できる年にしたい。などと少し先だけどいつかは来る未来についてつらつらと思い巡らす。
さて皆さんは三味線の演奏やカンツォーネで還暦をお祝い。諸先輩方の経験豊富なお話とパワーに呆気にとられてただただワインを飲むばかりのワタシ。先を考える前に今を楽しみ、充実させないと。

これは終わりか始まりか

2008-01-26

たった1年勤めただけで廃業してしまった前職に関連した勉強をはじめたのは何かがもやもやっと消化不良をおこしていたから。
とりあえず講座を受け終わった。資格を取得できるかどうかはこの際置いといて、すこしもやっとが消せた。オンジョブで覚えていけることもあるけれどやはり仕事にするなら基礎は固めておくべきだと確信した。さてあとはゆっくり資格に挑戦だがこれは今の記憶力を考えるとかなりてこずるだろう。
この間、ストレス解消は深夜の甘いもの(おデブまっしぐら)で我慢してやりたいこと封印してきたのでようやくと自分ペースに戻れる(?)。さぁ、何からしましょうか。2月の予定を立てながらわくわくしてる。あっ、その前にやり損ねてる年末の大掃除からはじめないとね。ともかく、今日はゆっくり帰りに買った『いちごとミルクのたっぷり入った石鹸』で寒さに凍えたこころと身体をリフレッシュ。

禁断生活

2008-01-18

『彼氏は時々裏切るけど資格は裏切らない』って最近めっちゃCM流れてるんやけど…それに乗った訳じゃないし資格フェチって訳でもないけど、まぁ次なるステップのためにここんとこパソコンから遠ざかっている。依存症になりそうなぐらいだったのでたまにはよい。でも流行のお馬鹿タレント並みにいいまつがってた『ワタシ、禁欲生活してんねん』あせあせ(飛び散る汗)
こりゃあ、国語の勉強からせんとあかんね。

えべっさん、たのんまっせぇ〜

2008-01-11

初ゑびす1 初ゑびす2 初ゑびす3
初ゑびす、残り福の今日、やはり行っとかないとなぁ。雨降りで足元も悪いし忙しいけど、駆け足でえべっさんに行くことにした。日ごろの精進か(?)雨もそれほどでなくなり、いつもなら人でぎっしりの通りも拍子抜けしちゃうくらい歩きやすかった。ぷらぷらと露天を冷やかせるし、沿道にあるレコード店や串かつ屋さん、フォークソングCafeなんてもの気になるところ。大和大路散策もよいかも。
さてえべっさん、吉兆笹は今年も買わずにお参りのみ。耳の遠いえべっさんは拝殿の鈴を鳴らしても聞こえないので、えべっさんの部屋の背の板(『この板をお叩きください』と貼り紙してある板)を叩いてお参りに来たことをも一回伝えるってのがおきまり。ところ構わずバンバンと叩き『えべっさん、たのんまっせぇ!』と声を張りあげお願いできたら一人前の関西人…かな。ワタシは前を行くおじさんのでかい声に気圧されて小声でムニュムニュ、まだまだ修行中のえせ関西人さ。

Suuka+++はじめての…。

2008-01-08

ストック、なのはな、春の香り おやつはゆずケーキ やたがらすは足3つ
Suukaさんのフラワーアレンジメント、今月のテーマは年の初めに因んで?『はじめての…。』そう、年が改まって新たな気持ちで。
それにしても今日は温かな日、アレンジメントにも菜の花と春色に染まる。温かついでに下鴨神社にお参り。八咫烏神話とかあるらしい。なかなか、かわいらしいやたがらすさんたちは七五三Ver.とかもあるみたい。神社のある糺の森は、樹齢数百年の木々が生い茂ってカラスだけじゃなく、たくさんの鳥たちが住まい憩いの場となっている。もちろんワタシにとってもね。

君は冬ソナを観たか

2008-01-05

朝鮮人参酒つけました
えーっと、冬ソナ全巻一気に観た。韓流は全く見たことなかったし、とーっても今頃って感じだけれど…ピアノの先生から冬休みの宿題ということでDVDを拝借した。先生が選んでくれた次の課題曲が挿入歌の『My Memoery』だから。見てみるとストーリーもさることながらいろんな発見があって面白い。ジゥ姫のいつも持ってるエルメス風のバッグも気になる、そしてジゥ姫とペ様のマフラーやストールも。いったい何本持っているのかと思うほどたくさんあって巻き方がいつも違って素敵。しかし、ペ様だけいつもハデハデ色使いの服を着てるのはなぜなんだろうね。

吉凶相半

2008-01-03

3日だというのに人多し 楼門の玉を加えた狐、反対側には鍵をくわえた狐 千本鳥居
伏見稲荷へ初詣。あちこちにいるお稲荷さんのお使いの狐の像に心のうちを見透かされているようでいつもドキッとさせられる。凛々しくも厳しい顔の狐たちは『オマエハナニモノカ』『ナニガシタイノカ』とワタシに問う。朱塗りの千本鳥居も異世界への入り口のようでくらくらするのは昨夜のお酒のせいだけじゃないと思う。お参り済ませ引いた今年のおみくじには『心中迷いのある兆し、まず自分の意志を堅固に』とあった。つまりはワタシのココロが決めるということなんだろう。いつもぐらぐらと揺れてばっかりのワタシにとっては至難の業。流れるままもよしだが流れ着く先は決めておかないとね。

今日の日はさようなら

2008-01-01

フォークのつどい.jpg 浜名湖ユースホステル.JPG
ついにこの日が来てしまった。その昔、高校生の頃よくフォークソングを聴き行っていた浜名湖ユースホステルが1月1日で休館するという。そして大晦日からお正月にかけ最後のフォークソングの集い。ものには限りがあり巻き戻せないのはわかっているけれど、時よ止まれと思ったのはワタシだけではないはず。せめて今夜だけは昔のままに。聴きなじんだ曲が心地よい。折々のことが巡る。歌は思い出のページを開く鍵みたいなものなんだなぁと思う。ホールでぱちぱち燃える暖炉さえいとおしい。浜名湖YH、おつかれさま、そしてたくさんの思い出もありがとう。
---------------------------------------