奈良日和

2007-03-04

ミモザ くるみの木 ヘルシーランチ  
あったかな日曜日、奈良ヘ足を向けました。
以前から気になっていたくるみの木へ。ミモザの花が満開のここはCafe&雑貨のお店です。
菜の花ずしやふきのとうハマグリのグラタン、ほろにがふきのとう&そらまめと新たまねぎのてんぷら、にゅうめんなどなど春がいっぱいメニュー。
夕方から二月堂のお水取りへ。
本番は12日だそう。1日からの2週間は毎日10本程の松明があげられます。松明は木造のお堂の回廊を巡り火の粉を降り注ぎます。火の粉を浴びると一年を無事に過ごせるそうです。
木造のお堂に振り落ちる火の粉を箒で払い落とす、回転する松明が火の粉を降り注ぐ。そんな情景に昔の人もワクワクし、そしてもうすぐ訪れる春に思いを馳せたのかも。
杉の葉のぱちぱちとはぜる音、香り、オレンジの炎、漆黒の闇の中で嗅覚、視覚感覚が研ぎ澄まされていく気がします。ましてライトもカメラの光もない大昔のそれはさぞ神秘的なものだったことでしょう。
お水取り なら公園


《MEMO》:お水取り 二月堂修二会(にがつどうしゅにえ) (3月1日〜14日)若狭井から水を汲み、香水としてお供えする「お水取り」の名で知られる東大寺の修二会。松明で有名、1250年途絶えることなく続いてきた行事です。



---------------------------------------